君津ロータリークラブ ロゴ君津ロータリークラブ君津ロータリークラブ

   

 

RI会長写真


ロータリーは世界をつなぐ

2019-2020年度 国際ロータリー会長
マーク・ダニエル・マローニー

 ロータリーの礎は「つながり」です。若い弁護士としてシカゴにやって来たポール・ハリスがロータリーを創設した最大の理由、それは見知らぬ街でほかの人たちと「つながる」ことでした。それから1世紀以上が経った今、私たちの周りには、ポール・ハリスの時代には想像もできなかったような友情とネットワークを築くための方法が数多く存在します。それでも、ロータリーにおける「つながり」は独特であり、ほかに類を見ません。

 国際ロータリーには、地域社会とつながり、職業のネットワークを広げ、強くて末永い関係構築ができる確固とした使命と構造があります。会員による数多くのプロジェクトやプログラム、ポリオ撲滅活動におけるロータリーのリーダーシップ」国連との協力などを通じ、私たちはグローバルコミュニティとつながっています。私たちの奉仕活動は、同じ価値観を共有し、より良い世界のために行動したいと願う人びとの結びつきをもたらします。また、ロータリーがなければ出会うことがなかった人びと、共通の考えを持った人びと、私たちの支援を必要とする人びととつながり、世界中の地域社会で人生を変えるような活動を行うことを可能にしています。

 21世紀の新たな10年の始まりに、私たちはロータリーの未来を形作っています。2019-20年度、ロータリーは新しい戦略計画を実行に移し、規定審議会が採択した革新性に応え、より活性化された重点分野において活動します。しかし、ロータリーの未来を形作る本当の場所はクラブです。刻々と変化する現実に対応するために、ロータリーはクラブに注力していかなければなりません。

 クラブはロータリーでの経験の中心部ですが、今ではクラブのあり方をより創造的かつ柔軟性をもって決めることができます。これには例会の方法や、何をもって例会とするかを検討することも含まれます。会員増強のアプローチにおいては、組織立った戦略的・革新的な方策が必要です。そうすることで、地域社会とのより広く、深いつながりができるだけでなく、より多様な会員に魅力を感じてもらい、積極的な参加を促すことができるでしょう。

 実際のところ、ロータリーは家族です。そうであるにも関わらず、会員組織の構造やリーダーシップの要求などがあることで、今日の若い職業人にとってはロータリーが手の届きにくい存在となっているようです。ロータリーは、家族との時間を犠牲にするのではなく、家族との時問を補うような経験を提供する場である必要があります。クラブが温かく、みんなを受け入れるような雰囲気があれば、家族と奉仕活動は両立でき、家族志向の若い職業人にロータリー奉仕や市民としての参加の機会を提供できます。また、ロータリーの役職に対する期待事項を、多忙な職業人にあわせて現実的かつ管理可能なものとすることで、将来ロータリーのリーダーとなる次世代のロータリアンのスキルを高め、ネットワークを築くことができるでしょう。

 2019-20年度には、「ロータリーは世界をつなぐ」のテーマの下、ロータリーの奉仕を通じて、有能で思慮深く、寛大な人びとが手を取り合い、行動を起こすためのつながりを築いてまいりましょう。
 

 
サイン 

2019-20年度国際ロータリー会長
マーク・ダニエル・マローニー

 

マーク・ダニエル・マローニー氏 略歴

米国(アラパマ洲)、Decatur ロータリークラブ所属
2019-2020年度国際ロータリー会長


 税法、遺産、農業法を専門とする Blackburn, Maloney, and Schuppert法律事務所の社長であるマローニー氏は、米国南東部・中西部の大手農場経営者の顧問弁護士であるほか、米国弁護士協会の農業関係委員会の委員長を務めています。また、米国弁護士協会とアラバマ州弁護士協会、アラバマ州法律協会の会員です。  地元ジケーターでも熱心に活動し、自身が所属する教会の財務委員長と地元カトリック学校理事長のほか、Community Foundation of Greater Decatur会長、Morgan County Meals on Wheels会長、United Way of Morgan County理事、Decatur-Morgan County商工会議所の所長を務めています。

 1980年にロータリークラブ入会し、以来、RI理事、財団管理委員と副管理委員長、ジョナサン・マジィアベ2003-04年度会長のエイドを務めました。また、規定審議会の議長と副議長、運営議事手続きの専門家、研修者のほか、2004年大阪国際大会委員会のアドバイザー、2014年シドニー国際大会の委員長も務めました。

 ガバナーとなる前には、研究グループ交換のリーダーとしてナイジェリアに赴いた経験もあります。

 ロータリー財団関連では、未来の夢委員長、ロータリー財団地域コーディネーター、財団研修セミナーのモデレーター、恒久基金米国アドバイザー、平和センター委員、WASH(学校での水・衛生)委員会のアドバイザーを歴任しました。

 同じ法律事務所の弁護士であり、ジケーター・ロータリークラブの元会長でもあるガイ夫人とともに、ポール・ハリス・フェロー、メジャードナー、遺贈友の会会員となっています。



国際ロータリー第2790地区 2019-20年度ガバナー
諸岡 靖彦(成田RC)

国際ロータリー第2790地区  2019-2020年度ガバナー 諸岡靖彦  ごあいさつ

 2019-20年度国際ロータリー第2790地区ガバナーを拝命いたしました。重責でありますが、心して責任を果たす所存です。皆様のご支援とご協力をお願い申し上げます。



1.RI会長テーマ

 2019-20年度RI会長は、米国アラバマ州Decaturロータリークラブに所属するマーク・ダニエル・マローニー氏(職業分類は弁護士)です。マローニー会長は、国際協議会において、 2019-20年度のRIテーマを「ロータリーは世界をつなぐ」(英文 ROTARY CONNECTS THE WORLD )と発表されました。

 バリー・ラシンRI会長は講演の中で、「ロータリーの会員数は、この20年間ずっと120 万人程度で低迷しています。成長しておらず、会員の高齢化が進んでいます。活動を通じて変化をもたらすための知識や意欲をもたないクラブが、あまりに多すぎます。ロータリーが世界でどんな活動をしているのかを知らず、ロータリーと財団のプログラムを知らないクラブ、参加方法がわからないクラブもあります。 ロータリーは会員制組織です。ですから、奉仕活動を通じてより良い世界を築きたいと願うなら、会員を大切にしなければなりません。」と述べられました。マローニー会長は2019-20年度に向けて、「私たちは出身国や話す言語や文化や伝統が何であれ、私たちの目的は一つ、それは、より多くのロータリアン、ローターアクター、 全てのロータリーファミリーが、これまでよりもっと良く奉仕できるように、より強いロータリーを築くことです」と切り出して、真のリーダーの目標は「最大限を達成することではなく、周りの人が可能な限り最大限を達成できるようにすること」であると述べ、地区ガバナーにクラブで活動するロータリー会員を支援すること、 そしてより強い組織を築くこと、奉仕の参加者により大きなインパクトをもたらし、基盤を広げ、積極的なつながりをもたらし、適応力を高めることを求めました。そして4つの強調事項を掲げました。
1)ロータリーを成長させる
2)家族を参加させる
3)ロータリーのリーダーになる道を拓く
4)国際連合との歴史的な関係に焦点を置く

 バリー・ラシンRI会長は、このようなクラブに変化をもたらす必要性、危機意識を感じてこの声明を出しました。重要なのは意識改革です。それぞれのクラブ、ロータリアンがインスピレーションを働かせてロータリーに変化をもたらす発想の転換を行い、新発想のもとにロータリーを活性化させることが重要です。
国際協議会の会場入口にJOIN LEADERSEXCHANGE IDEAS TAKE ACTION〈リーダーを結びつける、意見を交わす、行動を起こす〉とありました。我が地区でも、行動を起こす時です。


2.地区スローガン

 我が千葉県は首都圏の一角に位置し、気候温暖、風光明媚、災害が少なく全国的には恵まれた地域です。人口の社会移動の流入超過で、全県で人口の微増を維持しています。商工業、農林水産畜産業の構成もバランスよく、県内GDPは全国6位(2016年)です。千葉の半島性がその後進性の理由として永く語られてきましたが、 成田空港の機能拡充、東京湾アクアライン、東京外郭環状道路や首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の実現で、交流人口が増大し、地域経済の潜在力が高まっています。半面、東京に近接した北西部地域と、東総、九十九里、南房総の東南部沿岸地域間との経済、社会基盤の過密、過疎の問題が際立ってきています。

 ロータリーにもこの社会基盤の変遷による、様々な課題が迫ってきています。首都圏で重要な位置を占める我が千葉県ですが、全82クラブを擁する第2790地区のロータリーがそれぞれに問題を抱えており、将来の会員基盤が安泰という訳ではありません。

 ロータリーの未来を形づくる本来の場はクラブです。刻々と変化する現実に対応するために、ロータリーはクラブに注力してゆかねばなりません。次年度国際ロータリーのマーク・マローニー会長はROTARY CONNECTS THE WORLD〈ロータリーは世界をつなぐ〉と宣言されました。私は、地区スローガンとして〈ロータリーから千葉を元気に〉と宣言します。 当地区82クラブのそれぞれの課題を、地域の会員基盤や奉仕のあり方、新しいアイディアについて語り合い、クラブを元気にして、ロータリアンが千葉を元気にするための「つなぎ」のリーダーシップを執ることを目指したいと考えます。


3.地区運営の基本的考え方

 ロータリーの未来を形づくる本来の場はクラブです。刻々と変化する現実に対応するために、ロータリーはクラブに注力してゆかねばなりません。次年度国際ロータリーのマーク・マローニー会長はROTARY CONNECTS THE WORLD〈ロータリーは世界をつなぐ〉と宣言されました。私は、地区スローガンとして〈ロータリーから千葉を元気に〉と宣言します。 当地区82クラブのそれぞれの課題を、地域の会員基盤や奉仕のあり方、新しいアイディアについて語り合い、クラブを元気にして、ロータリアンが千葉を元気にするための「つなぎ」のリーダーシップを執ることを目指したいと考えます。
1)地区ロータリーを元気にするための数値目標として、地区3,000会員、300女性会員、 30会員未満のクラブの基盤強化、3クラブ新設を目指します。クラブに刷新性、柔軟性を持ち込み、戦略計画を創り、地域の可能性を求め、誇りを回復します。会員意識のうえでロータリーの優先順位を高め、地域リーダーたるにふさわしいロータリアン・リーダーシップを推奨します。 変化への対応力を高めるために、会員基盤に女性、若手職業人を加え、ローターアクターを育成します。健全なクラブ運営を確立するために、親睦、例会、委員会、奉仕プロジェクト、クラブ戦略計画に於いて求心力を高め、クラブのガバナンス(統治)確立を支援し、他団体との良き関係づくりを推奨します。2020オリパラ、日本のロータリー100周年を控えて、各グループ、地域ごとにロータリーの公共イメージを盛り上げます。
2)地区リーダーシップ・チームの運営方針
①関口徳雄地区研修リーダー、寺嶋哲生サブリーダーの指導の下に地区活動の革新を図り、ガバナー補佐の活動と相俟って会員基盤を拡充します。
②地区研修リーダーの指導の下に、3大セミナーの企画と運営に新風を吹き込み、集大成としての地区大会には、3~5年後に向けた地区ビジョンと目標を提示します。
③地区委員会は事業の継続性を図るための専門性と、活動の刷新性を図るための新陳代謝を共に備えるべく、地区リーダーたりうる人材の育成に注力します。
④地区チームは目先の縦割り志向に走らずに、タテヨコ連係でつながり合うクロスファンクショナルな指向をもって行動し、クラブと地区の距離感を埋めるためにガバナー補佐との相互連絡、連係に努めます。
⑤多様性、柔軟性、刷新性を採り入れた元気なクラブ、ロータリアンづくりのために地区チームは一丸となってクラブを支援します。
⑥地区内シニアメンバー、女性アクティブ、少壮気鋭の会員の積極参加を求めます。
⑦未来のロータリーを創る青少年育成プロジェクトへの積極的参加を推奨します。
⑧2021年地区70周年を展望して、地区史編纂の準備を進めます。
⑨2020年6月のホノルル国際大会に参加しましょう。


4.地区組織

 2019-20年度の地区組織は前年度からの継続性を維持しつつ、将来への戦略計画をベースとした取組みを進める組織設定としました。一つには常設プログラムを担当する事業委員会として青少年プログラム、ロータリー財団、米山記念奨学会の各委員会を位置づけ、二つには会員基盤と奉仕の心を守り立てて、地区運営の刷新性とクラブ支援を進める管理運営、奉仕プロジェクトの各委員会を設定しました。 また地区研修リーダーの直轄でロータリー研修委員会、RLI推進委員会を位置づけ、理念研究委員会を復活いたしました。この直轄3委員会は3大セミナーの立ち上げを企画し、地区大会の大綱を構想します。

 こうして各委員会が固有の役割を分担しながら、クロスファンクショナルに活動して、クラブを実践支援し、年度地区目標に挑戦します。


5.クラブ会長の皆様へ

①My Rotaryおよびロータリークラブセントラルは、クラブの長期戦略立案の有益な資源であり、拠り所です。クラブ会長、幹事に、リソース活用を、各クラブ会員の登録、認証を奨めてください。
② 各クラブは独自のホームページ(HP)を開設し、会員の連絡手段としてSNSの活用を推奨してください。HPは定期的に更新されるべきです。HPでクラブの奉仕活動を広報することによって、地域社会とつながるよう努めてください。
③ ロータリー財団の地区活動資金(DDF)の活用のために、各クラブは地区補助金、グローバル補助金を積極的に活用した奉仕プロジェクトを申請し、実施してください。
④地区活動資金の原資となる年次寄付について、「寄付ゼロクラブ」 を無くすことにご理解ください。ポリオ根絶や世界平和フェローシップの正しい情報を把握して、ご協力ください。米山記念奨学事業の趣旨にご賛同のうえ、ご支援ください。日本円でのご寄付は個人、法人を問わず、税制上の優遇措置があります。
⑤会員の皆様の日常経済生活上のクレジット決済にロータリーカードのご利用を推奨します。個人、法人のご利用のほかに、クラブや地区、地区委員会単位の諸経費の支払が可能で、ポリオ基金の増加に寄与することが出来ます。詳しくはロータリー財団委員会発行の「ロータリー財団ハンドブック」をご覧ください。


6.おわりに――ロータリーを楽しみ、人生を充実させましょう!

これを知る者はこれを好む者に如かず。  これを好む者はこれを楽しむ者に如かず。
                                (『論語』雍也篇)
 孔子は学びについて、「知る」「好む」「楽しむ」という三段階でとらえています。ロータリーは卒業のない学びの道です。新しい会員も経歴の長い会員も、思い立った時がロータリーを学ぶチャンスです。ロータリーの最新情報には、絶えず関心を持って向き合いましょう。知っていると知らないとでは、ロータリーに関わって得られるインパクトには雲泥の差が生じます。 まずはロータリーの基本知識と最新情報に慣れ親しんでゆきましょう。その次は積極的な意志を持って、ロータリーに臨みましょう。初めてクラブで役職を得た皆様、畏れることはありません。与えられた今がチャンスです。ロータリーへの責任を果たすことを通じて、ロータリーを学習し、身につけてゆきましょう。やがて、ロータリーライフを心行くまで楽しめる世界が広がってきます。 ロータリーを楽しみ、人生を充実させましょう!

  サイン

国際ロータリー第2790地区
2019-20 年度 ガバナー
諸岡 靖彦

諸岡 靖彦ガバナープロフィール

氏名 諸岡 靖彦(もろおか やすひこ)

生年月日(年齢) 1947年(昭和22年) 10月14日(71歳)

所属クラブ 成田ロータリークラブ

職業分類 和菓子製造

ロータリー歴 2005年 成田ロータリークラブ入会
2008-09年 クラブ幹事
2010-11年 クラブ会長
2011-12年 クラブ研修委員長
2013-14年 クラブ管理運営委員長
2014-15年 地区RLI研究会サブリーダー
2015-16年 地区RLI推進委員会委員長
2016-17年 地区ロータリー研修委員会副委員長、
      ガバナーノミニーデジグネイト
2017-18年 第9分区ガバナー補佐、ガバナーノミニー
2018-19年 ガバナーエレクト

認 証 2015年   R財団メジャードナー
2018年   米山功労者第11回メジャードナー


アクセスカウンター アクセスカウンター
RI 2019-2020 国際ロータリーロゴ
国際ロータリー 日本語サイト

RI会長・ガバナー
RI会長・ガバナー

国際ロータリー 第2790地区
国際ロータリー 第2790地区

MY ROTARY
MY ROTARY

君津ロータリークラブ事務所

〒299-1144
千葉県君津市東坂田1-3-3 304
TEL:0439-52-8882
FAX:0439-20-8880
E-mail:
kimitsu_rc@ybb.ne.jp

君津ロータリークラブ 地図はこちら



君津ロータリークラブ 例会のご案内

■開催場所(通常)


ホテル千成
千葉県君津市東坂田4-1-1
TEL:0439-52-8511
アクセスマップはこちら

■開催場所(臨時)


旅館 かわな
千葉県君津市人見915
TEL:0439-52-1318
アクセスマップはこちら
 
■開催日時

毎週月曜日
PM12:30~PM1 :30